忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

マツダCX-3が1か月弱で受注1万台超と好調なスタート

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

マツダCX-3が1か月弱で受注1万台超と好調なスタート

 マツダCX-3が1か月弱で受注1万台超と好調なスタート

 

 1.5Lのクリーンディーゼルエンジンのみという、思い切った戦略で登場したマツダCX-3。

 BセグメントをベースとしたコンパクトSUVの割に「高いのでは?」という声もありますが、こちらでも紹介したようにCEV補助金もあり、4月以降厳しくなる「エコカー減税」でもEVやFCV、PHV、クリーンディーゼルは「免税」となる利点も見逃せません。

 2月27日に発売されたCX-3ですが、1か月弱の3月23日時点で1万0076台と、月間目標販売台数の3000台を大きく超え、好調なスタートを切っています。

 グレード別では、中間グレードの「XD Touring」が63%と一番人気で、最上級の「XD Touring L Package」が21%で続き、エントリーグレードの「XD」が16%。

 ボディカラーでは、「精密に研ぎ澄まされた金属感や精密な硬質感を表現」したという新色の「セラミックメタリック」が44%で、デザインテーマ「魂動」のイメージカラーである「ソウルレッドプレミアム メタリック」は19%。

 また、注目のディーゼルノック音を大幅に低減する世界初の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」は、減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」とのセットオプションで、この「イノベーションパッケージ」は、13%のユーザーが選択しているとのこと。

 ユーザー層は20代から50代以上まで男女幅広く、「デザインが秀逸でひと目惚れした」、「操る楽しさ、運転の楽しさを感じることができ、長く付き合っていける」、「ロングドライブに行きたくなる」、「乗っていて わくわくするクルマ」、「気分が明るくなる」などの最近のマツダ車に共通するような声が寄せられているとのことで、CX-3開発陣の安堵の表情が目に浮かびますが、マツダは新型モデルでも絶えず熟成していくそうですからこれからの「深化」にも期待したいところです。

 ■マツダCX-3の補助金は13~16万円!ベストグレードはどれ?
 http://clicccar.com/2015/03/01/296041/

 ■マツダ・CX-3 画像ギャラリー[エクステリア編]─ ついに登場!コンパクトでも躍動感あふれるデザイン
 http://clicccar.com/2015/02/27/295716/

 ■マツダ・CX-3 画像ギャラリー[インテリア編]─ 理想の赤を追求し、100もの試作を
 http://clicccar.com/2015/02/27/295740/

 ■マツダCX-3価格を訂正 XD Touring 4WD 6MTは2,818,800円
 http://clicccar.com/2015/03/02/296284/

 (塚田勝弘)

 画像付き元記事はこちら:マツダCX-3が1か月弱で受注1万台超と好調なスタート(http://clicccar.com/2015/03/28/300430/)

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R