忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

哀川翔、芸能生活30周年での“初体験”に戸惑い「大変でした」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

哀川翔、芸能生活30周年での“初体験”に戸惑い「大変でした」

 哀川翔、芸能生活30周年での“初体験”に戸惑い「大変でした」

 【モデルプレス】俳優の哀川翔が、撮影秘話を明かした。
 
 【さらに写真を見る】哀川翔、芸能生活30周年記念作品を品川ヒロシ監督に依頼!ゾンビ対ヤクザのアクションに挑む
 
 28日、沖縄県にて開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」で主演映画「Zアイランド」(5月16日公開)が特別招待作品に選出され、舞台挨拶に出席。自身の芸能生活30周年記念作品として制作した同作は、謎の疫病が蔓延した島を舞台に、ヤクザやゾンビとの命を賭けた闘いを描くアクションエンタテインメントである。
 
 品川ヒロシ監督にメガホンを取ってもらうよう直々に依頼した哀川は、ヤクザ対ゾンビの映画はどうかと品川から提案されると「僕もこの何十年間闘い続けて来ましたから、そろそろそういうのも来てもいいかな、と思いました」と率直な感想を明かしたものの、「ゾンビはボスがいないし、区別がつかないから。そこは迷いがありましたよ。大変でした」と初体験に戸惑ったことを振り返った。
 
 話している途中で、隣にいた宮川大輔が「フハハ」と吹き出すと、哀川はすかさず「何笑ってんだよ!」と一喝。「すみません」と反省する宮川は、一発目のゾンビ役を演じたが「プレッシャーやった。ゾンビっぽい動きとか監督に見せたら『それゴリラです』って言われて…」と品川にツッコまれたエピソードを語り、笑いを誘った。
 
 最後に、品川は「翔さんの30周年に乗っかって、僕からしたらおもちゃ箱みたいに毎日自分の好き勝手やらせてもらった。本当に自由度の高い作品になったと思っています」とアピール。このほか舞台挨拶には、木村祐一、大悟(千鳥)、川島邦裕(野性爆弾)が登壇した。
 
 ◆「沖縄国際映画祭」がリニューアル
 
 沖縄国際映画祭はLaugh&Peaceをコンセプトに、2009年より県内の多くの団体・企業に協力や支援をもらいながら、他に類を見ないエンターテイメントの祭典として年々進化とスケールアップを重ねている。7年目を迎える今年は、名称が「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」にリニューアル。“沖縄県の北から南、離島までを巻き込んだ祭典として、もっと身近で、もっと何でもありで、今まで以上にワクワクするお祭りを、沖縄の皆さまと創りたい”という思いが込められている。3月25日~29日まで開催予定。(modelpress編集部)

 元の記事を読む

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R