忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

 「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

 

  1994年4月に発生し、多くの謎を残したまま2009年に公訴時効となった「井の頭公園バラバラ殺人事件」。4月で事件から21年、時効から6年が経つことになる。この事件は、発生当時から謎が多く、未解決事件としては「世田谷一家殺害事件」や「八王子スーパーナンペイ事件」と並んでミステリーが多いことで知られている。

  前回お伝えしたように、事件21年目にして判明した新事実があった。殺害された建築士のKさん(35歳=当時)は、「人違い」によって殺された可能性があるのだ。本来、被害者となるはずだったのは、顔も背格好も年齢も瓜二つの露店商・Aさんだった。一体、どういうことなのか。真相の核心に迫る!

 時効から6年「井の頭公園バラバラ殺人」の驚くべき真相は判明【前編】

  1994年当時、日本の繁華街の至るところには、ヒッピー風のツーリストを装った外国人露店商がなぜか激増していた。その多くは某国の若者たちで、彼らは兵役を迎えるまでの間の余暇を利用して世界中を旅し、現地でにわか露天商をやっては、旅費を稼いで旅を続けるというスタイルで過ごしていたのである。今回、筆者はA氏に直接、当時の話を聞くことができた。

 「当時、私は露店の仲間内ではいわばこの界隈では顔役だったんです。そうした中、外国人がいきなり現れたら商売敵でしかないよね。早い話が縄張り争いみたいなものが起きた。あいつらはルールも何も無視して、どこでも商売を始める。露店商とはいえ、ルールがあるからね」

  そこで彼らを、自分たちの縄張りである都心部から締め出すために、A氏は“その筋”の関係者の力を借りつつ、徹底抗戦を試みたのだという。だが、その最中でA氏はあることに気づく。A氏らが“単なる露店商”であると考え、排除しようと考えていた相手は、なんとヒッピーを装った、某国の特務機関に属する工作員たちだったのだ。要は、情報収集や特殊工作のために、身分を偽って入国していた“プロ”の活動を、はからずもA氏は妨害するという、実に大それたことをしでかしてしまっていたのである。

  だが時すでに遅し。彼らの徹底排除を目論んでいたA氏は、逆に四六時中監視され、その命を狙われることとなる。

 「隠密行動だったはずなのに、情報が漏れたようで。結局、その筋の関係の人たちもこの件から手を引いてしまったんです……」(A氏)

  そこで、A氏は身の危険を察知するや、当時、倉庫として借りていた吉祥寺界隈には立寄らず、都内にある数箇所のビジネスホテルを転々とし、以後、ひっそりと息を潜める生活を余儀なくされたというのだ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R