忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

【上野-東京ライン開業】混雑解消も上野駅が衰退の危機に!?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【上野-東京ライン開業】混雑解消も上野駅が衰退の危機に!?

 【上野-東京ライン開業】混雑解消も上野駅が衰退の危機に!?

 

  3月14日、北陸新幹線が金沢駅まで延伸開業した。テレビをはじめとするマスコミは、北陸新幹線を大々的に取り上げて祝賀ムードに染まった。

  しかし、この日には首都・東京でも上野東京ラインが開業している。上野東京ラインは、上野駅と東京駅とを結ぶわずか3.6キロメートルの区間。北陸新幹線の長野駅-金沢駅間と比べると開業区間は短く目立たないのが、上野東京ラインの開業は東京圏の動線に大変革を与える一大ムーブメントでもあった。

  上野東京ラインは、これまで東京の北の玄関口と呼ばれる上野駅止まりだった宇都宮線(東北本線)・高崎線・常磐線の3線の線路を東京駅まで延ばし、東京駅で東海道本線とドッキング。これにより、東海道本線と東北本線などが相互に直通した。利便性向上の一例を挙げれば、常磐線なら柏駅から乗り換えなしで品川駅まで行くことができるようなった。

路線複雑化で混乱を招くケースも

  しかし、直通運転はメリットばかりではない。例えば、東海道本線ユーザー電車待ちをしている時に次に来る電車が「古河」行きだったとして、瞬時に茨城県の古河駅とわかる人は少ないだろう。逆もしかりだ。相互乗り入れをしたことで路線は複雑化し、乗客に混乱を招くケースもある。

  それ以外にも弊害はある。例えば、東海道本線は京浜東北線と並走しているが、京浜東北線にトラブルが起きると東海道本線も運転を見合わせることがある。路線の乗り入れが複雑化すると、いったんトラブルが起きるとそれが燎原の火のように燃え広がる。それはトラブルとは無縁のように思える路線にも飛び火する。

  実際、上野東京ラインが開業した初日には、京浜東北線が異音検知のために品川駅で停車して点検する事態が起こった。京浜東北線と並行する東海道本線も運転を一時休止し、高崎線や宇都宮線にも遅延が波及した。これにより、上野駅ではホームに人が溢れる事態となった。

  ほかにも、高崎線・宇都宮線・常磐線は上野駅発着だったこともあり、上野駅では半強制的にいったん下車しなければならず、それが街に人を呼び寄せる原動力にもなっていた。上野東京ラインの開業で、通過駅になる上野では「上野東京ラインの開業が決定した直後から、ほかの街に人が吸い取られてしまうのでは?」(地方自治体関係者)といった危機感が漂った。

  そうした上野東京ラインショックを緩和するべく、上野駅周辺の商店街は集客に力を入れている。しかし、上野の街が衰退するかもしれないと危機感を抱いたのは今回が初めてではない。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R