忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

名古屋高裁は「違憲状態」=無効請求は棄却―昨年衆院選、1票の格差

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

名古屋高裁は「違憲状態」=無効請求は棄却―昨年衆院選、1票の格差

 名古屋高裁は「違憲状態」=無効請求は棄却―昨年衆院選、1票の格差

 

  「1票の格差」が最大2.13倍だった昨年12月衆院選の区割りは違憲として、升永英俊弁護士らのグループが全295選挙区の選挙無効を求めた訴訟で、東海3県の計25選挙区についての判決が20日、名古屋高裁であり、揖斐潔裁判長は選挙を違憲状態と判断した。無効請求は棄却した。

  昨年の衆院選をめぐっては、二つの弁護士グループが全国14高裁・支部に計17件の無効訴訟を起こしており、判決は2回目。19日の東京高裁判決は合憲と判断していた。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R