忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

地下鉄サリン事件の被害者となった現役がん専門医が語る”あの日の真実”

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

地下鉄サリン事件の被害者となった現役がん専門医が語る”あの日の真実”

 地下鉄サリン事件の被害者となった現役がん専門医が語る”あの日の真実”

 

  今年は、地下鉄サリン事件20周年になります。いまだにサリンの後遺症で悩む人や、PTSD(心的外傷後ストレス障害)で苦しんでいる方もいらっしゃいます。われわれはこの事件を忘れてはいけないし、あのようなテロを許してはならないと思います。実は、私はあの事件の被害者であり、重症で入院していました。20年経った今も、当時のことを鮮明に覚えています。
 
  1995年3月20日、その日は月曜日でした。当時、私は国立がんセンター中央病院のレジデントとして勤務していました。普段はバイク通勤をしていたのが、前日に千葉の病院で当直のアルバイトがあったため、千葉から総武線に乗り秋葉原駅で日比谷線に乗り換えて、築地にある国立がんセンターに向かう途中でした。8時を過ぎたあたりでしょうか、電車が八丁堀駅で突然止まりました。しばらくすると、車内放送で、「ホームで病人が倒れています。医療関係者のか方がいらっしゃいましたら、お願いいたします。」と声がかかりました。
 
  医師の免許をもらってから、このような場面に遭遇することはしばしばあり、救急病院の経験もあったので、ホームに降りてみました。すると、ホームの真ん中あたりで、人だかりができており、そこに50歳代くらいの女性が泡をふいて倒れていました。既に心肺停止している状況でしたが、瞳孔は縮瞳している状況でした。瞳孔が開いていると、脳神経機能がなくなっている状態なので、まだ助かる可能性があると思い、その場で、人工呼吸(マウスツーマウス)と、心臓マッサージを始めました。
 
  しばらくすると、「私も手伝います」と30歳代くらいの看護師という方が、手伝ってくれました。15分くらいしてからでしょうか。救急隊が来たので、患者さんを救急隊に任せました。
 
 足に力が入らず立ち上がれなくなってしまう
 
  蘇生術を終え、救急隊に患者さんをまかせた後、立ち上がろうとしたその時でした。足にまったく力が入らず、立ち上がって歩くことができなくなりました。目の前がだんだん暗くなっていくのにも気がつきました。立つことも歩くこともできない状態となり、近くの人に、「救急車を呼んでください」と言い、その後、私は、救急隊の担架に乗せられて、救急搬送されることになりました。
 
  幸い何とか意識があったので、私は救急隊の人に、「国立がんセンター中央病院に運んでください」と言いました。本来このような状況であれば、八丁堀駅から最も近い総合病院である聖路加病院に搬送されるのが良いとは思います。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R