忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

大手参入期待!供給側が待ち望んでいたヘルスケアREITの将来性とは?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

大手参入期待!供給側が待ち望んでいたヘルスケアREITの将来性とは?

 大手参入期待!供給側が待ち望んでいたヘルスケアREITの将来性とは?

 

  2014年11月、日本初のヘルスケアリートである日本ヘルスケア投資法人が、東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場した。三井住友銀行(SMBC)系列のヘルスケアリートである「ヘルスケア&メディカル投資法人」も2015年3月19日に上場した。
 
  ポートフォリオの構成としては、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅などのヘルスケア施設が中心となっており、将来は病院の取得も視野に入れているようだ。今回は、今後のヘルスケアリートの将来性について見てみよう。
 
 ■供給側が待ち望んでいたREIT
 
  ヘルスケアリートが増えることは、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅を保有していた不動産オーナーにとっては、売却先の出口ができたという点において朗報だろう。
 
  今まで有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅はオペレーショナルアセットとして分類され、運営者のその運営能力に依存し、住宅系REITが積極的な購入を行わないアセットタイプであった。
 
  そのため開発後に売却益を得たい不動産オーナーにとっては、開発を行うインセンティブが低かった。しかしながら、上場REITという明確な出口が確立されれば、今後不動産ディベロッパー各社も有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の開発に向け、積極的に動き始めることになるだろう、
 
 ■眠っていた開発用地が動き出す
 
  有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅で、開発転売を目論むディベロッパーが動き出せば、今まで眠っていた土地が動き出す可能性がある。今まで眠っていた土地とは、どういうものか。それは第一種低層住居専用地域で老健施設の開発に適した大規模な開発用地であろう。
 
 ■賃貸事業がやりにくい第一種低層住居専用地域
 
  土地はエリアによって、建てられる建物の種類と建てられない建物の種類が、都市計画法によって定められている。大ざっぱに言うと、通常、人が多く住んでいるような街においては、都市計画法で市街地開発事業等予定区域として区分され、用途地域というものが定められている。
 
  用途地域には、商業地や工業地、住宅地などを始め、計12種類に区分される。その中でも住宅地とされた用途地域は7種類定められており、高層マンションや病院、大学、一定の大きさの店などが建設できる第一種、及び第二種中高層住居専用地域や、小規模な店や事務所を兼ねた住宅、小中学校が建てられる第一種や第二種低層住居専用地域といったものがある。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R