忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

東芝がスコットランドでの大規模水素実証試験に参画

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

東芝がスコットランドでの大規模水素実証試験に参画

 東芝がスコットランドでの大規模水素実証試験に参画

 東芝では海外初東芝は3月18日、英国スコットランド地方政府が昨年11月に公募した再生可能エネルギーの活用促進を目的とする「Local Energy Challenge Fund」に共同提案し、風力・太陽光発電を用いて水素を生成・貯蔵して電力を安定供給するとともに、水素を燃料とする業務用ハイブリッド車両を運用する大規模実証試験が採択されたと発表した。
 
 同社が海外で水素に関する実証実験に参画するのは今回が初であり、同実証試験は水素関連設備を運用する非営利企業Bright Green Hydrogen Ltd.と自治体など8団体が共同となって2020年まで実施する。
 
 スコットランドは再生可能エネルギーの導入を積極的に推進し、2020年までに総電力使用量における再生可能エネルギーの割合を100%にする計画がある。
 
 今回、実証試験を行う、ファイフ州メチルタウンは、再生可能エネルギーを推進する企業を誘致し、実証試験によりエネルギーの地産地消を図り、当該地域をさらにCO2を排出しないクリーンな地域に発展させる計画だ。
 
 水素EMSを提供同実証試験では、当該地域に既設の750kW風力発電設備と30kW水電解装置に加え、200kW太陽光発電設備、60kWと250kWの水電解装置、水素貯蔵タンク、水素ステーション、燃料電池を新設する。
 
 発電した再生可能エネルギーは、水電解装置により水素に変換、貯蔵され、水素ステーションを通じて25台の業務用ハイブリッド車両に水素を供給し、燃料電池により再び電力として施設に供給する。
 
 同社は同実証試験において電気の需給予測に基づく水素の製造・貯蔵の最適管理を行うための「水素EMS」を提供し、システム全体の制御を担当する。
 
 (画像はプレスリリースより)

 元の記事を読む

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R