忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

注目高まる海外不動産投資 キャピタルゲイン狙い時の注意ポイント

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

注目高まる海外不動産投資 キャピタルゲイン狙い時の注意ポイント

 注目高まる海外不動産投資 キャピタルゲイン狙い時の注意ポイント

 

  不動産から収益を上げる方法としては、大きく分けて2種類ある。1つはインカムゲインで、もう1つはキャピタルゲインだ。インカムゲインとは、不動産などを始めとする資産を保有することによって、安定的かつ継続的に得られる現金収入のことであり、キャピタルゲインとは、保有する資産の値段が変動することによって得られる収益のことだ。
 
  どちらもメリット・デメリットはあるが、バブル崩壊以前までは、日本の不動産市場では、キャピタルゲインを主体とするものがほとんどだった。かつて不動産は上がり続けるという「土地神話」というものがあり、キャピタルゲイン狙いで不動産の売買が繰り広げられていたのだ。
 
 ■やはりキャピタルゲインは魅力的
 
  キャピタルゲインとインカムゲインを比較すると、やはりキャピタルゲインの方が魅力的だろう。持っているだけで、時間の経過とともに勝手に値段が上がってくれさえすれば、これほど楽なことはない。借入金を使って購入しても、売却の時点で借入金も返済でき、おまけに利益までついてくることも多い。
 
  その一方、インカムゲインには、効率良く稼ぐことができないイメージがある。テナントの退去の心配は常にあるし、借入金もなかなか返済できない上、建物もだんだんと古くなってくる。賃貸事業は、細く長く稼ぐ事業であることが主流となっているため、悩みが尽きない不動産オーナーが多数を占める。
 
  バブル崩壊後の日本の不動産市場では、インカムゲインが主流となってきたため、不動産市場にかつてほどの魅力がなくなってきたと言われてしまうのも当然だろう。そして日本は、世界において前例のない超高齢化社会に向かっており、全国の空室率も上昇を続けているため、インカムゲインも期待できない。日本の不動産市場は今後どのようになっていくかということについて、不透明感も強い。
 
 ■増える海外不動産投資セミナー
 
  このような日本の不動産市場の中で、海外の不動産投資に目をつける人たちが増えてきた。海外不動産の投資家たちの狙いとするところは、やはりキャピタルゲインだ。かつての日本のように、彼らは人口が増加していて高い経済成長が見込める国の不動産を購入する傾向にある。
 
  株式会社オウチーノでは、現在、海外不動産投資セミナーを積極的に展開している。投資先としては、フィリピンのセブ島やモンゴルといった、経済成長が著しいアジアの諸外国が中心だ。
 
 ■海外不動産投資で注意すべき点
 
  海外不動産投資を手がける際に注意すべきことは、不動産に関する法律や税制などが、国によって異なることだ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R