忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

細胞分裂、途中まで再現=「リング」形成の基本解明―将来がん治療に応用も・早大

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

細胞分裂、途中まで再現=「リング」形成の基本解明―将来がん治療に応用も・早大

 細胞分裂、途中まで再現=「リング」形成の基本解明―将来がん治療に応用も・早大

 

  動物の細胞が分裂する基本的な過程を実験で途中まで再現したと、早稲田大の宮崎牧人次席研究員や石渡信一教授らが24日、英科学誌ネイチャー・セル・バイオロジー電子版に発表した。分裂の詳細な仕組みを解明して制御できれば、細胞が異常に増殖するがんを治療したり、必要な細胞だけを増やす再生医療に応用したりできる可能性があるという。

  細胞が分裂するときは、まずたんぱく質「アクチン」の繊維などからリングが形成される。リングは小さく収縮して細胞にくびれができ、最後はちぎれて二つになる。宮崎さんらはこの基本的な仕組みを突き止めるため、細胞に似た簡単な粒子を作って実験した。

  これまでの研究で、細胞膜の主成分であるリン脂質の溶液を油に入れかき混ぜると、リン脂質の膜に包まれた微小粒子ができることが分かっていた。リン脂質の溶液に(1)ウサギの筋肉のアクチン繊維(2)繊維を束ねるたんぱく質「α―アクチニン」(3)筋肉を収縮させる「ミオシン」―を加え、微小粒子の「人工細胞」を作った。

  観察すると、リングが形成され自然に収縮する様子を確認できた。リングを「細胞膜」の内側につなぎ留めていないため、人工細胞にはくびれが生じず、分裂に至らなかった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R