忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

S・ラモス、クラシコ敗戦で審判に不信感「意志を貫きすぎる」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

S・ラモス、クラシコ敗戦で審判に不信感「意志を貫きすぎる」

 S・ラモス、クラシコ敗戦で審判に不信感「意志を貫きすぎる」

 

 バルサ戦での90分を終えたS・ラモス(右) [写真]=Real Madrid via Getty Images

  22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節で、レアル・マドリードはバルセロナとの“クラシコ”に1-2で敗れた。レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの試合後コメントを、クラブ公式HPが伝えている。
 
  S・ラモスは「僕たちは監督の素晴らしい指示の下、全力を尽くした。前半はバルセロナより多くのチャンスを作ったが、ゴール前で少し運が足りなかった。それがこの試合の敗因だよ。相手が素晴らしいチームだと知っていたし、こういう対戦では今日のような展開になりやすいことも明確だった」と敗因を明かし、「前半は非常に高いレベルの、素晴らしいパフォーマンスができた。それでも後半は、相手が僕らよりちょっとだけ試合をコントロールした。チャンスを生かせなくて申し訳ない」と、試合を振り返った。
 
  また、この試合の主審を務めたマテウ・ラオス氏について、同選手は「彼は、僕が尊敬している審判の1人だ」と、信頼を口にする一方で、「自分の意志を貫きすぎる面もある。こういう試合では選手だけじゃなく審判だって集中する必要があるんだ」と、不信感を垣間見せた。
 
  この試合によって、首位バルセロナと2位レアル・マドリードの勝ち点差は4に広がった。これについてS・ラモスは「4ポイント差なんて、なんでもないさ。これまでの僕の経験から言うと、とにかく諦めるわけにはいかない。僕らは2位と7ポイント差をつけたのに優勝できなかったことだってあるし、それはバルセロナにも言えることだよ。必要なことは、冷静さを保ち続け、自分たちの仕事をしっかりとやり続けること。それと今日は結果がついてこなかったけど、この試合のようなリズムで戦うことだ」と、今後を見据えている。
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R