忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

28年ぶり不名誉…ソフトB3戦連続無得点 投手出身工藤監督困った

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

28年ぶり不名誉…ソフトB3戦連続無得点 投手出身工藤監督困った

28年ぶり不名誉…ソフトB3戦連続無得点 投手出身工藤監督困った

◇パ・リーグ ソフトバンク0-1楽天(2015年4月8日 コボスタ宮城)

 ソフトバンクが28年ぶりの不名誉にまみれた。南海時代の1987年9月以来となる3試合連続無得点。

【写真】延長10回、中村晃のバントの打球がファウルと判定され抗議する工藤監督

 打線の不調がサヨナラ負けを招き、投手出身の工藤監督は「(打撃は)分からない部分も多いが、一つ何かで狂うとなかなか立ち直れない。何となく理解できる」と苦い表情を浮かべた。打撃不振だった本多と今宮を先発から外し、明石と高田を起用と打線を組み替えた。だが、適時打が40イニング出ておらず、33イニング連続で得点が生まれていない深刻な状況に陥った。

 ◆1987年9月の南海(現ソフトバンク)3試合連続無得点

 ▽7日 日本ハム戦(後楽園)で間柴に3年ぶりの完封を許し、0―7。南海は先発・加藤伸が6回2/35失点KO。

 ▽8日 西武戦(西武)は延長11回で0―0のドロー。南海は山内孝が11回7安打無失点と粘り、西武も工藤が11回4安打無失点と譲らなかった。

 ▽9日 西武戦(西武)で松沼博に7回5安打無失点と粘られ、8回からリリーフした渡辺も攻略できず、先発・田島の6回2安打1失点の好投を見殺し。30イニング連続で無得点となった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R