忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

コラム:米FRBの市場対話に異変あり=嶋津洋樹氏

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

コラム:米FRBの市場対話に異変あり=嶋津洋樹氏

コラム:米FRBの市場対話に異変あり=嶋津洋樹氏 

 嶋津洋樹 SMBC日興証券 シニア債券エコノミスト

 [東京 23日] – 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明における「忍耐強く」の文言は、一般的に「今後2回程度のFOMCで利上げを判断することはない」との意味で理解されていた。それが今回削除されたことは、FOMCのたびに利上げを含む政策変更があり得ることを意味する。

 実際、米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は記者会見で、どのFOMCでも政策変更の決定が可能であると説明。国民や市場参加者に説明が必要な場合は、電話会議でもできると付け加えた。政策金利の引き上げは、四半期ごとに予定される議長の記者会見時だけとの見方をけん制したわけだ。

 もっとも、市場ではFOMCに参加する17名(5名の理事と12地区連銀の総裁)の金利予測(いわゆるドットチャート)が大幅に引き下げられたことで、政策金利の引き上げが2015年9月以降へ後ずれする可能性に注目が集まっている。

 声明文に「忍耐強く」に替わって新たに「4月のFOMC会合でFF(フェデラルファンド)金利の目標誘導レンジを引き上げる可能性は引き続き低いと判断する」「(今回の)フォワードガイダンスの変更は、委員会が目標誘導レンジの引き上げ開始時期を決めたことを示唆しない」などの文章が加わったこと、またイエレン議長が記者会見でドル高が輸出や物価を抑制すると説明したことも、こうした見方に拍車をかけていると考えられる。

 ただし、イエレン議長は、インフレ率が目標に近づくと確信するための材料は何かと問われて、「機械的には答えられない」「一つだけではない」などとも回答。また、上述した通り、イエレン議長は、政策変更はいつでも可能と述べている。したがって、ドットチャートがあたかも市場参加者に政策金利の引き上げ時期の後ずれを示唆するために作られたように捉えるのは行き過ぎだろう。

 というのも、イエレン議長は今回の記者会見で「われわれは、今後の経済動向が不確かななかで、確実性を提供できないし、提供すべきでもない」と発言しているからだ。「市場参加者は、まさにわれわれが行っているように、入手する指標を見極め、金融政策がどうあるべきか予想を立てるべきだ」とも述べている。

 FRBでさえ、先行きを見通すのは容易ではないということだろう。今回のFOMCの重要なメッセージの一つは、今後はいつでも政策金利の変更が可能ということだと筆者は考えている。 続く…

記事を1ページに表示する

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R