忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

トヨタが2022年までにFCVの価格を大幅引き下げか?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

トヨタが2022年までにFCVの価格を大幅引き下げか?

 トヨタが2022年までにFCVの価格を大幅引き下げか?

 

 昨年12月15日にFCV「MIRAI」の国内発売に踏み切ったトヨタ自動車。

 車両価格は723.6万円ですが、国からの補助金202万円に加えて、各県がさらに100万円程度の補助金上乗せを発表しつつあり、実質400万円台前半で購入可能、加えて23万円以上の税優遇が受けられることでも注目されています。

 (出展 トヨタ自動車)

 今秋には欧米にも輸出される予定で、欧州では66,000ユーロ(約860万円)、米国では57,500ドル(約690万円)で販売される見込み。

 同社は2015年に約700台、 2016年には2,000台程度に増産すると発表しています。

 いずれにしても高級車並みの車両価格であり、FCVを普及させるためには更なる低価格化が求められるのは言うまでもありません。

 そうしたなか、先頃開催されたジュネーブモーターショーで同社がFCVの価格戦略について触れたようで、海外メディアで話題になっています。

 Click here to view the embedded video.

 それによると、経営陣から通常15年ほど要する市場への浸透期間を圧縮して2022年頃までに車両価格の大幅引き下げを達成するよう、指示が飛んでいると言います。

 これを受けて社内では欧州の上級ディーゼル車並みの価格まで引き下げることを目標にコストダウンに取組んでいる模様。

 (出展 トヨタ自動車)

 大幅なコストダウンには販売ボリュームの増大とともに、FCVの心臓部、FCスタック(燃料電池)や高圧水素タンクの構造見直しが効果的。

 燃料となる水素についても圧縮水素に代わる「液化水素」を使用することでハンドリング性が向上することから、水素供給設備のコストダウンにもつながる可能性が有るため、FCV側の液化水素への対応が期待されています。

 このようにFCVの低価格化にはまだまだ余地が残されていると推測され、今後の技術革新が注目されます。

 ■トヨタ MIRAI Webサイト
 http://toyota.jp/mirai/?padid=ag001_i_carlineup_search

 ■ジュネーブモーターショー2015
 http://www.salon-auto.ch/en/

 〔関連記事〕

 FCV普及に向け経産省が水素ステーション設置審査見直しへ
 http://clicccar.com/2015/03/19/298756/

 経産省が水素ステーション拡充で全国自治体と連携強化へ!
 http://clicccar.com/2015/03/18/298060/

 岩谷産業が「水素液化技術」でインフラ整備を加速させる?
 http://clicccar.com/2015/02/28/294971/

 トヨタ、ホンダ、日産が水素ステーション整備促進で協業!
 http://clicccar.com/2015/02/15/293668/

 岩谷産業がFCV用水素をHVの燃料代と同等で発売へ!
 http://clicccar.com/2014/11/26/279498/

 (Avanti Yasunori)

 【画像をご覧になりたい方はこちら】http://clicccar.com/2015/03/19/299155/

 画像付き元記事はこちら:トヨタが2022年までにFCVの価格を大幅引き下げか?(http://clicccar.com/2015/03/23/299155/)

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R