忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

ヒラリーがピンチ?米史上初の女性大統領誕生は幻となるのか

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ヒラリーがピンチ?米史上初の女性大統領誕生は幻となるのか

 ヒラリーがピンチ?米史上初の女性大統領誕生は幻となるのか

 

米民主党の有力な次期大統領候補、ヒラリー・クリントン前国務長官が苦境に陥っています。同氏は、国務長官在任中の2009年~2013年、個人メールアカウントを公務に利用していたことが分かっており、国家の最重要機密事項を扱う立場にあった者として、その情報管理のあり方が問われています。

ファーストレディ時代

 ヒラリー氏は、イリノイ州シカゴで生まれ、東部の名門・イェール大学のロー・スクールを卒業。アーカンソー大学のロー・スクールで教鞭を取るなどした後、ビル・クリントン元大統領と結婚しました。1993年、ビル氏が第42代合衆国大統領に就任すると、ファーストレディとして、また実質上、大統領のアドバイザーとしてビル氏を支えました。

ヒラリー氏とビル氏の関係を語る上で、どうしても言及しなければならないのが、モニカ・ルインスキー事件でしょう。1998年、ビル氏の大統領在任中、かつてホワイトハウス実習生だったルインスキー氏との不倫スキャンダルが報道されました。

 当初、肉体関係を否定していたビル氏ですが、メディアなどに追い込まれ、「ルインスキーさんと不適切な関係を持った(I did have a relationship with Ms Lewinsky that was not appropriate.)」ことを認めました。その発言を縮めた「不適切な関係(inappropriate relationship)」というフレーズは当時アメリカで流行語となりました。

この事件は単なる大統領の醜聞にとどまらず、ビル氏は、アメリカ大統領として史上2人目となる弾劾裁判(法令により特別に身分を保障された公務員に職務違反や非行があった場合に、議会、その他の国民代表機関の訴追を受けて、他の国家機関が審議して当該公務員を罷免または処罰するための裁判)にかけられることとなりました。

 結局、大統領罷免には至りませんでしたが、国民から大統領の倫理観が問われ、その権威は大きく損なわれました。

事件の渦中でヒラリー氏は、「夫の行為を好ましく思っていないが、それと弾劾は結びつくものではない」とビル氏を擁護し、プライベートな問題によって大統領が弾劾されるべきではないという世論形成によって、ビル氏を窮地から救ったとされています。

ヒラリー氏が抱える問題

ビル氏が大統領を退任した後、政治的野心を持つヒラリー氏は、ニューヨーク州から上院議員に立候補し当選。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R