忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

今年の就活者は大手狙い多し? 2016年度卒生の「就職意識」が判明

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

今年の就活者は大手狙い多し? 2016年度卒生の「就職意識」が判明

 今年の就活者は大手狙い多し? 2016年度卒生の「就職意識」が判明

 

 2016年3月卒業予定者の採用広報が3月1日に解禁され、多くの学生が就職活動をスタートさせました。

 来年にはあなたの部下になるかもしれない彼ら。もしかしたら面接やOB訪問などで直接会う機会がある方も多いかもしれませんが、彼らはどのような意識で就職活動に臨んでいるのでしょうか。

 株式会社ディスコが、日経就職ナビ・学生モニターを対象に、3月時点の就職意識に関する調査を実施。全国の大学3年生(理系大学院修士課程1年生を含む)1,429人から回答を得ました。イマドキの就活者の実態にせまります。

 ■エントリー社数の平均は23.4社!

 1人あたりのエントリー社数の平均は23.4社、今後のエントリー予定社数は平均25.7社、一人平均計50社ほどにエントリーするという結果に。

 セミナー・会社説明会での平均参加社数は14.6社。半数強の7.4社が合同開催のものとなっており、就職活動開始直後の現段階では、合同セミナーを中心に活動する学生が多いことがわかりました。企業単独開催のセミナーへ参加は、平均2.1社にとどまりました。

 ■過半数の学生が「大手狙い」

 企業規模に関しては、「業界トップの企業」18.8%、「大手企業」32.1%と、合計50.9%が大手を就職活動の中心としていることが判明しました。過去数年に比べ、「大手狙い」の学生が増加しています。

 ■既に内定を得ている学生3.8%

 調査時期2015年3月1日~5日の時点で、内々定を含む内定をすでにもらっている学生は3.8%。2月調査から1.6ポイント上昇しました。内定取得者の2割(20.4%)は就職活動を終了したと回答。

 ■就職活動で困っていることの1位は「企業選び」

 最もあてはまるものを1つに絞ると「志望先の選定(企業選び)」25.8%が困っていることのトップに。複数回答では、「エントリーシート」61.8%、「志望先の選定(企業選び)」61.0%、「面接対策」57.9%という結果になりました。

 志望先の選定(企業選び)に困っている理由としては、以下のような声が寄せられました。

 「自分が将来やりたいことの軸と、実際の職務との関連性が見えてこない」(文系男子)

 「いろいろなセミナーに足を運ぶ中で、考えてもいなかった業界に興味が広がり、楽しい反面、しぼりこめずにいる」(文系女子)

 「自分が本当に何をしたいのかがなかなか定まりません。このままだと社風や制度、待遇で選んでしまう恐れがあるため悩んでいます。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R