忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

列車内、オフィス、空港…快適さに欠ける状況で少しでもマシな睡眠を取る方法

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

列車内、オフィス、空港…快適さに欠ける状況で少しでもマシな睡眠を取る方法

 列車内、オフィス、空港…快適さに欠ける状況で少しでもマシな睡眠を取る方法

 列車内、オフィス、空港…快適さに欠ける状況で少しでもマシな睡眠を取る方法

 現代ではほとんどの人が十分な睡眠を取れていないのは、もはや誰もが知るところです。その原因は自分自身にあることもありますが、スケジュールをなかなか変えられない人も多いのが現実です。そのため、泣いても笑っても24時間しかない1日のどこかで、ちょっと睡眠を補う時間を取るのが一番現実的な選択かもしれません。

 疲れているときは、慣れないホテルの部屋や自分のデスク等でもうまく睡眠を取れるとだいぶ休まります。誰もが体験する睡眠が取りにくい状況ごとに、解決策を見ていきましょう。

飛行機や列車の中で列車内、オフィス、空港…快適さに欠ける状況で少しでもマシな睡眠を取る方法

 ファーストクラスに乗っていたり、かなりの差額を払って足元の広い席に座っているときは別として、そうでないときは、どうしたらリフレッシュした気分で目的地に到着できるのでしょうか。

 ・楽な服装にする

 今トレンドになっている「ノームコア」と呼ばれる「究極の普段着」にすることです。別の言い方をすると、伸縮性のあるものを着るのが良いでしょう。到着ゲートにカッコいい自分を見せたい人が控えていないなら(そして羞恥心を捨てられるなら)、フライト中はセーター、ヨガやランニングをするときの服を着ましょう。スーツはキャリーバックに入れておきます。遠くのゲートまで走って乗継便に乗るには不向きな仕事用の靴も同様です。回転式ベルトコンベヤーで荷物が回ってくるのを待つ間に着替えればいいのです。服のシワ伸ばし用の小さいスプレー缶も忘れずに荷物に入れておいてください。

 ・快適な枕にする

 夜行便に乗るときは窓側の席を取り、長時間のフライト中は窓に寄りかかって眠れるのが理想です。しかし、もし真ん中の席になってしまったら、お金を出して旅行用の枕を手に入れてください。U字型の首枕をすると、首が支えられて前や横に倒れないですみます。空気枕だと柔らかさを調節できます。これにアイマスクとヘッドフォンも使えば完璧に外界と遮断できます。

 ・食べ物に気を遣う

 長旅の前にはスパイシーなチリブリトーや2杯以上のビールを飲むのは避けましょう。胸やけや呑酸は睡眠を妨げます。乗り物酔いを防止する市販薬の中には、眠気を誘う性質があるものもあるので、あえてそういったものを選ぶのも手です。

 ホテルに宿泊するとき

列車内、オフィス、空港…快適さに欠ける状況で少しでもマシな睡眠を取る方法

 ホテルの部屋が一番良く眠れるという人もいますが、なじみのないレイアウトや周辺の騒音で落ち着けない人もいます。後者だとしたら、出張すると消耗してしまいます。ホテルの部屋でうまく眠る方法をいくつかご紹介しましょう。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R