忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

理想のワークライフバランスを臆せずに伝えれば、周囲はきっと理解してくれる

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

理想のワークライフバランスを臆せずに伝えれば、周囲はきっと理解してくれる

 理想のワークライフバランスを臆せずに伝えれば、周囲はきっと理解してくれる

 理想のワークライフバランスを臆せずに伝えれば、周囲はきっと理解してくれる

 99u:2013年3月1日、私はカトマンズ行きの片道飛行機に乗りました。それから数週間かけて、標高5500mのヒマラヤを歩き、ゾウと遊び、ずっと行きたかったブータンを訪れ、ラオスではスクーターの乗り方を覚えました。過去10年で30カ国を訪れましたが、その多くがかなりの辺境への逃避行でした。一方で、出勤日にはたいてい、18時間勤務を続けています。

 Facebookで共有するのは、旅の写真ばかり。深夜2時にベッドに倒れこみ、朝6時に起きて仕事に戻る写真を載せることはありません。ビジネスオーナーとして、どうやってそんな生活を乗り切っているのかと聞かれることがありますが、答えはとってもシンプル。デザイナーである私は、自分のライフを自分でデザインしたのです。

 私たちクリエイティブ系の仕事に携わる者は、すぐに仕事と個人的なプロジェクトにのめりこんでしまいます。この業界は、ワーカホリックを求めているのです。全ピクセルを完璧にするためには数日間をかけるのに、ジムに行くための1時間すら見つけられません。仕事人生では何百ものプロジェクトを手掛けるのに、自分の人生というクリエイティブなプロジェクトに取り掛かる人は、ほとんどいないのです。

 2004年、私の人生は混乱に陥っていました。過去の決断が悪い方向に転び、現状認識を誤り、未来への決断を下せずにいたのです。いつかすべてがうまく行って、目覚めたら理想の生活が待っている。自動操縦モードのような暮らしの中で、そんなことを心の底から望んでいたものです。

 だけど、理想の生活が何かなんて、考えたこともありませんでした。目標はすべて達成していました。美大を出て、モーショングラフィックス業界で定職に就いて、生活できるだけのお金を得て。でも、そんな自分に対する誇りはおろか、やりがいも感じられずにいました。「夢」だったはずの仕事が、悲劇のもとになっていたのです。明らかな間違いはどこにもないけれど、自分のために生きられていないように感じていました。

 当時の私は25歳。一生こんなことを続けていくのかと思うと、ゾッとしました。だから、仕事を辞めて、自分の人生は自分で決めることにしたのです。

 疑問はたくさんあったけれど、計画は一切ありませんでした。でも、たった1つ、大切なアイデアだけはありました。私にできるのはデザインだけ。だから、人生そのものを、ひとつのクリエイティブプロジェクトとして向き合ってみればいいんじゃないかって。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R