忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

老健施設・サ高住の増加で成長期待大?注目の介護銘柄3選

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

老健施設・サ高住の増加で成長期待大?注目の介護銘柄3選

 老健施設・サ高住の増加で成長期待大?注目の介護銘柄3選

 

  「サービス付き高齢者向け住宅」の戸数が急増している。その中でJASDAQやマザーズ市場に上場し、成長が著しい介護銘柄のセントケアHD <2374> 、ケアサービス <2425> 、N・フィールド <6077> は介護と住宅提供の複合サービスで競合他社をリードし売上を伸ばしてきたが、ニーズの高まりによる異業種からの参入も目立つ。ここでは各社の現在の経営状況や住宅の提供サービスを具体的に紹介するとともに今後の高齢者向け住宅について考察していく。
 
 ■高齢化社会に見る住宅事情
 
  高齢化社会の進展に伴い、「サービス付き高齢者向け住宅」と呼ばれる安否確認や生活相談サービスを併せて提供する施設が増加している。厚生労働省によると、「サービス付き高齢者向け住宅」の戸数は右肩上がりで上昇し、2011年11月時点ではわずか30戸だったのが、2014年5月末時点では対前年比32.5%増の148,632戸と過去最高を更新した。
 
 ■サービス機能と住宅の斡旋を同時に提供する事業が成長
 
  セントケアHDは、JASDAQスタンダード市場に上場しており、訪問介護、入浴を中心に介護サービスを提供する企業である。直近の実績(2014年3月期)は売上高315億円(前年比110%)、当期純利益960百万円(前年比132%)で、売上高は10年以上連続で増収を続けている。2015年3月期の重点戦略では、複数の介護サービスを1つの拠点で提供する新サービス「複合型サービス事務所」を開設・運営に取り組むことを挙げている。その一環として2015年2月11日付のけあNewsでは、グループ会社のセントケア千葉が首都圏及び千葉県木更津市で初めて複合型サービス事務所「セントケアさいわい」を3月に開設すると伝えた。
 
  通所介護を主力とするJASDAQグロース市場上場のケアサービスは、最近ではサービス付き高齢者向け住宅の開設・運営にも注力している企業だ。直近の業績(2014年3月期)は売上高73億円(前年比106%)、当期純利益117百万円(前年比48%)。売上の特徴は、サービス付き高齢者向け住宅の利用の大幅な伸びにある。
 
  具体例を挙げると、売上全体に占めるサービス付き高齢者向け住宅事業の比率は5.2%に過ぎないが、全体の利益に占める比率は12.3%で利益率も13.1%と介護事業の10.5%より高く、同社の経営に大きく貢献している。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R