忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

麻原彰晃の三女・アーチャリーが手記を出版!「わたしだけは父の味方でいたい」と宣言

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

麻原彰晃の三女・アーチャリーが手記を出版!「わたしだけは父の味方でいたい」と宣言

 麻原彰晃の三女・アーチャリーが手記を出版!「わたしだけは父の味方でいたい」と宣言

 

  地下鉄サリン事件から20年という節目の3月20日、オウム真理教に関する一冊の本が出版された。『止まった時計』(講談社)。著者は松本麗華──といっても、ほとんどの人が誰のことなのかすぐには分からないだろう。だがホーリーネーム・アーチャリーと聞けばすぐに分かるはずだ。そう、オウム真理教教祖・麻原彰晃こと松本智津夫の三女である。
 
  事件当時、松本家には他に姉2人、妹、弟2人がいたが、その中でアーチャリーはオウムの正大師という高い地位につき、オウムの後継者と目されてきた。その動向は当局から危険視され、世間からも大きな注目を集めていた。
 
  その後、アーチャリーは時折、一部の雑誌インタビューに応じたり、裁判の差異について会見を行ったことはあったが、表舞台からは姿を消していた。その彼女が実名を出し、表紙には顔写真まで掲載した自伝を出版。父親・松本智津夫の実像、サマナ(信者)たちとの交流、一連のオウム事件など、この20年間を赤裸々に語ったのである。
 
  そもそも、アーチャーリーは今、オウムに対してどういう立場なのか。一部では今も彼女がオウムの事実上の後継者であり、後継団体の「アレフ」にも大きな影響力を持っているとされているが(2014年12月にも公安調査庁はアレフ役員だと認定している)、本書ではそれを強く否定している。2000年に「アレフ」が設立された際、アーチャリーはこう決意したという。
 
 「父が作ったオウム真理教を故郷のように思っていたわたしは、アレフという団体にその思いを託すことができなくなりました。(略)父の時代とのギャップを感じ、故郷は失われたのだと悟りました。元々教団内で限界を感じていたことも重なり、アレフに入会しないことを決めました。また弟たちはアレフの教祖にはなりませんでした」
 
  だが、その後も上祐史浩(アレフ元代表で、現在はその後さらに分派したひかりの輪代表)、そして母親の知子に教団運営に関して何度も名前を使われ、利用された。
 
 「上祐さんがわたしの名前を使い、『アーチャリーが賛成している』といって教団運営をしているという話を聞きました(略)。上祐さんだけでなく、教団全体が『松本家は対外的な問題のために関わらないふりをしているだけで、本当は教団の構成員』だと思っていた節があります。しかし、わたしたちは実際に教団を離れており、アレフに入会もせず、支援も受けず、社会の中で自分の意志を持って生きていました」
 「母は上祐さんが教団の運営から外れてからずっと、アレフでわたしの名前を使い、自分の指示を通そうとしていました」
 
  その後、トラブルも重なり、アレフは今、逆にアーチャリーを敵対視し「悪魔」とさえ呼ぶようになっているという。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R