忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 天使/エンジェル 口コミ

まったく新しい拡張現実?謎に包まれたMagic LeapのCEOが掲示板に降臨

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

まったく新しい拡張現実?謎に包まれたMagic LeapのCEOが掲示板に降臨

 まったく新しい拡張現実?謎に包まれたMagic LeapのCEOが掲示板に降臨

 まったく新しい拡張現実?謎に包まれたMagic LeapのCEOが掲示板に降臨

 AR(拡張現実)関係のスタートアップ企業「Magic Leap」は、昨年6億ドル近い出資金を集めて一躍脚光を浴びました。ところが、具体的な事業内容については、同社は一切明らかにしてくれないので、もどかしい限りです。これまでに同社の技術を実際に体験しているのは、ごく一部のジャーナリストや出資者だけ。

 同社のCEOロニー・アボビッツ氏が先日、Redditのコーナー「Ask Me Anything」(海外版「○○○だけどなんか質問ある?」)に登場しました。一般の人の質問に答えてくれる珍しい機会だったのですが、やはりこれまで同様、核心を突く質問は、見事にはぐらかされてしまいました。アボビッツ氏は、Magic Leapが取り組んでいるいくつかの課題を挙げましたが、どれもARの実現のためには不可欠だと、誰にでも想像できるものばかり。技術的な詳細は明かしてくれませんでした。また、社内ではすでにローンチの目標日を定めていて、「近い将来のどこかの時点で」商用販売の方針について公表するつもりだとも明かしましたが、具体的な日付は出しませんでした。

 そうは言っても、アボビッツ氏のコメントの中には、「個人的に関心のあること」とか、「Magic Leapは競合製品と比べてここがすごいと思う」など、初めて聞く興味深い話もありました。以下に抜き出してご紹介します。

 アボビッツ氏は、競合他社のAR技術は目や脳に悪いと考えている

 今回のRedditへの投稿で一番興味深く、また妙な話だとも思ったのは、アボビッツ氏が競合他社のAR端末を批判した部分です。これらを使うと、神経に一時的または恒久的な問題が生じるというのです。えっ、どういうこと?

 アボビッツ氏の投稿を引用します。

 企業としての私たちの方針は、脳に「一切の痕跡を残さない」ことです(これは私の個人的見解でもあります)。脳神経は非常に可塑性が高いので、目のすぐ近くで立体視の映像を見れば、神経系に変化が生じるおそれがあるのは、疑うまでもありません。

 目の近くで投影されるこのような映像に、さまざまな問題を引き起こす可能性があることは、すでに(視覚関連技術のギークには)知られています。ただしこれまでは、どれも利用法がごく限られていて、使う人も少数でした(軍事利用など)。さまざまな人が使った場合に起こりうる、程度の異なるさまざまな危険性について、私たちは社内でハザード・リスク分析を済ませています(私が以前、医療技術や外科手術ロボットを手がけていた時代に行ったのと同じような分析です)。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R